チャンネルチャット

概要

チャンネルチャットシステムと、ローマ字発言の自動日本語化を行います。

  • ローマ字発言が日本語で表示されます。
  • チャンネルチャットは、チャンネルごとにさまざまなオプションを設定できます。
  • パスワードでチャンネルを保護したり、リストに表示されない設定ができます。
  • チャンネル管理者を設定できます。
  • チャンネルにおける kick や ban の実行、各種設定変更を行うことができます。
  • /r コマンドを使って、/tell コマンドにすばやく返信することが可能です。

コマンド

一般ユーザー用コマンド

デフォルトで全ユーザーが使用可能です。

  • /ch create (channel) [description] – チャンネルを作成します。
  • /ch join (channel) – チャンネルに参加します。
  • /ch join ! – 発言先を通常チャットに変更します。
  • /ch (channel) – 指定したチャンネルに参加します。
  • /ch leave – 参加しているチャンネルから退出します。
  • /ch list – チャンネルのリストを表示します。
    現在の発言先に設定されているチャンネルは赤で、参加しているチャンネルは白で、非表示のチャンネルは暗い青で、参加していないチャンネルはグレーで表示されます。
    数字は、参加人数(オンライン人数/総参加人数)が表示されます。
  • /ch info [channel] – チャンネルの情報を表示します。
    チャンネルの指定を省略すると、現在自分が居るチャンネルの情報が表示されます。
    オンラインのメンバーは白で、非表示にしているメンバーは暗い青で、オフラインのメンバーはグレーで表示されます。
    チャンネルモデレーターは、名前の前に「@」が付いています。
  • /ch log [channel] [d=date] [p=player] [f=filter] – チャンネルの発言ログ(当日の分)を表示します。
    過去の日付のログを参照する場合は、/ch log d=0920 のように、d= の後に4桁の数字で、参照したい日付を指定してください。
    ログをプレイヤー名でフィルタしたい場合は p=(プレイヤー名) を、発言内容でフィルタしたい場合は f=(キーワード) を指定してください。
  • /ch accept – 招待を受けてチャンネルチャットに入室します。
  • /ch deny – 招待を拒否します。
  • /ch hide [channel] – 指定したチャンネルの発言内容を非表示にします。
    チャンネルの指定を省略すると、現在自分が居るチャンネルが非表示になります。
  • /ch hide (player) – 指定したプレイヤーの発言内容を非表示にします。
  • /ch hide list – 現在非表示にしているチャンネルとプレイヤーのリストを表示します。
  • /ch unhide [channel] – 指定したチャンネルの発言内容を表示に戻します。
  • /ch unhide (player) – 指定したプレイヤーの発言内容を表示に戻します。
  • /ch または /ch help – ヘルプを表示します。

msgコマンド(tellコマンド)

1:1チャット用コマンド message、省略形 msg または tell、デフォルトで全ユーザーが使用可能です。

  • /tell (name) [message] – 指定した人との1:1チャットを開始・送信します。

rコマンド

1:1チャット返信用コマンド reply、省略形 r、デフォルトで全ユーザーが使用可能です。

  • /r [message] – 受信した1:1チャットに返信します。

jpコマンド

日本語変換オンオフコマンド lcjapanize、省略形 japanize または jp、デフォルトで全ユーザーが使用可能です。

  • /jp off – 自分のチャット日本語変換をオフにします。海外圏プレイヤーへの応対など、英語を喋りたいときにお使いください。
  • /jp on – 自分のチャット日本語変換をオンにします。

[dfads params=’groups=19&limit=1′]